• ホーム
  • 会社案内
  • 工場案内
  • 製品紹介
  • 採用情報
  • 環境活動
  • 交通アクセス

社長挨拶

弊社は、総合部品の世界的トップメーカー『NOK株式会社』の生産拠点(通称、衛星企業)として工業用ゴム製品(各種オイルシール製品)の供給のため、1973年2月に福島県の県南に位置する天栄村に天栄産業の社名で設立されました。
その後2010年1月には、福島市にあるNOK(株)オイルシール事業部の敷地内に福島工場の操業を開始しました。

創業40周年を迎え2013年3月1日付けで社名をTSKに変更し、現在はTSKの2つの工場が、NOK(株)オイルシール事業部の生産工場として、QCDを駆使し、この地に根付き、お客様・地域の皆様・従業員・サプライヤー等すべての方々に誇りを持っていただける企業を目指し良き企業市民として社会的責任を着実に果たせるよう社業発展に励む所存です。
今後とも皆様の益々のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役社長 齊藤勝博

経営理念

  1. 愛情と信頼に基づく人間尊重経営
  2. 強固な団結による風通しのよい経営
  3. 超常識の努力を惜しまない逆境に強い経営
  4. 常に夢を求める計画経営

経営方針

  1. 経営資源を重点分野に集中させ、より強く、より独自性に富んだ部品企業になること
  2. 製造現場においては、コスト削減を徹底し、収益体質をより強固なものとすること
  3. 品質向上のため技術に裏打ちされた独自性のある、かつ社会に有用な商品を世界中に供給すること

企業行動原則

1. 社会的に有用な商品の提供
私たちは、社会に有用な商品を、安全性に十分配慮して開発・提供し、消費者・顧客の信頼を獲得します。

2. 公正・透明・自由な取引
私たちは、商品の販売、材料等の購入においては、公正で透明かつ自由な取引を行います。

3. 適正な情報の開示と管理
私たちは、正確かつ公正な企業情報を、適時に開示するとともに、情報の価値を損なう管理・利用は行いません。また、「社外の知的財産権や機密情報」を違法に入手・利用することのないよう行動します。

4. 反社会的勢力・団体の排除
私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体に対しては、 毅然とした姿勢で対処します。

5. 環境保全の取り組み
私たちは、環境問題への取り組みは企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、自主的・積極的に行動します。

6. 社会貢献活動の実践
私たちは、「良き企業市民」として、積極的に地域社会活動等を支援します。

7. 人権の尊重と安全で働きやすい職場環境の確保
私たちは、社員の人格・個性を互いに尊重し、公私のけじめをつけ、公正な職場秩序の維持を図り、清潔かつ安全な職場環境を実現します。

8. 問題発生時の対応
本行動憲章に反するような事態が発生したときには、役員は自ら問題解決にあたり、原因究明、再発防止に努めます。また社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にした上で自らを含めて厳正な処分を行います。

社長挨拶

TSK株式会社は工業用ゴム製品(オイルシール)を製造する会社として、自社の事業活動が地域社会は言うまでもなく、広く地球規模での環境影響に関わりを持つことを当社で働く全ての人が深く認識し、環境に配慮した事業活動に取り組みます。

  1. 事業活動を通じ、省資源、省エネルギーの推進、循環型社会に対応して資源の再利用・再資源化による持続可能な資源の利用及び廃棄物の削減を推進します。
  2. 環境に関連する法規制、地方自治体の条例、TSKが同意するその他の要求事項、地域協定等を順守し環境保全活動を推進します。
  3. 環境への影響を低減させる為、環境マネジメントシステムを構築し、環境方針、環境目標を定め、その実現を図り、定期的な見直しを行いながら環境負荷物質低減活動の継続的改善を進めます。
  4. 地域社会のよりよい生活環境の実現のため、工場排水の水質管理による公共用水の水質保全など里山の保護を配慮し、工場内外の美化など健全な環境の維持向上を図るとともに汚染の予防に努めます。
  5. 良き企業市民として全社員が、生物多様性ならびに気候変動への対応など地球環境保全の重要性を認識し、環境保護の意識高揚を図るとともに環境マネジメントシステムの継続的改善に努めます。
  6. 環境保全活動や社会貢献に関する情報を開示し、地域・社会とのコミュニケーションを図ります。

品質方針

お客様に満足して頂ける高品質の製品を供給し続ける為にTSK株式会社では、次の品質方針を念頭に置いて業務を推進しております。

  1. 顧客信頼度100%確保に向かって、常に顧客の観点から品質確保を図る。
  2. 基本品質の確保に向かって、品質マネジメントシステムの維持・向上を図る。